素敵ばらまく君は

この胸 押し寄せる愛を 感じたなら

この胸 押し寄せる愛を 感じたなら

 

 わたしは、ハピラキ*1が好きです。

歌詞もメロディーもダンスもまるっと好きで、誰のどのパフォーマンスもそれぞれの良さがあって、もれなく好き。イントロを聴くだけで、ふぉ!ってなります。彼らのことが好きかもしれない、とうすうす気づいていながらも、まだ確信できていないときだったので、タイトルに掲げたこのフレーズがとてもしっくりぴったりきました。わたしは今、押し寄せる愛をまさに感じているんだ…!と。

 

 最初の出会いは、まいジャニ*2のオープニングで流れているこの曲がハピラキだよー、と妹に教えてもらったときかな。これか!と、初めてタイトルと曲が一致しました。妹は以前から本当にハピラキが好きで、その熱量が怖くて(笑)すすめられていたけれど、観るという段階にまでは至らなかったのです。だからそのときはメロディーだけで歌詞は全然知らなくて、初めてパフォーマンスを観たときは、歌い踊る彼らばかり追っていて。何度か観るうちに、歌詞がすごく沁みるようになりました。

 

 ハピラキには刹那的な輝きと美しさと、少しの切なさを感じます。僕らと一緒に楽しもうって、明日も未来もワクワクだよって、キラキラと明るく誘ってくれる彼らだけれど、それはいつも同じメンバーではなくて。もう、このステージには戻ってこないであろう子も、かつて歌い踊っていたから、ハピラキを聴いて泣きそうになることもある。元気、勇気、本気をくれて、夢に向かって力強く背中を押してくれるときもある。彼らの夢が叶いますように…!と祈りをささげることもある。そのときそのときによって受け止め方が違うのです。終わりが来るかもしれないと知りながらも、そのときにしかない瞬間、空間をともに大切にしている感じがして。

 

 この楽曲のパフォーマンスを観るたびに、次に観るときに世界はどう変わっているのだろう、と思う。膝なんか抱えて、というフレーズでぐるんと膝を回す君、立ち位置を間違えてひそやかに戻っていく君、歌詞にあわせて表情をくるくる変える君、細やかにカメラアピールをしてくれる君、奇跡的に手をたたく高さがシンメトリーになっていた君たち。彼らがアイドルらしく、Jr.らしく、本当の笑顔でキラキラと歌い踊る姿が観られたらいいな、とただ願うばかりです。

 

 ハピラキのこのフレーズを胸に、これからも彼らを応援していこう。

 

出会いはそうさ 宝物 いつだって

ずっと忘れないで そうさ君と 僕らなら いつまでも

 

 

*1:正式には「HAPPY HAPPY LUCKY YOU!!」です

*2:まいど!ジャーニ~という関西Jr.の番組 ※BSフジで日曜朝09:30~放映中