読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵ばらまく君は

この胸 押し寄せる愛を 感じたなら

なれそめ備忘録

 

 

お題「ジャニヲタになったきっかけ」

 

 ジャニヲタさんのジャニーズとのなれそめが興味深い!素敵な機会をいただいたので、わたしの場合も記しておこうと思います。


npk.hatenablog.com

 こちらに書いたように、ママさんの影響でジャニーズというエンターテインメントに出会い、見事にわたしも妹もジャニヲタに成長したわけです。わたしの青春と呼ばれる時代はおジャニさんに彩られて、大人になってもずっと青春を魅せてくれて、わたしというアイデンティティはそんな日々から形成されていて。いつかジャニーズから離れようとも、あのとき彼らと一緒に笑って泣いて、考えて学んで、こころが揺れ動いたり、あたたかくなったり、震えたりしたことは忘れないし、大事な思い出のひとつとして残るんだろうな、って。

 

 

 亀梨くんも三十路になられて。もう立派な大人ですね。わたしがはじめて出会ったころの君はまだ10代だったのに…、と思うと勝手に感慨深いし、時がたつのは早いものです。まさか、こんなことになるなんて。このブログを書いたときには想像すらしていなかった未来が来た。

 

 あの突然の衝撃すぎる報告から数か月。4人の冴えないお顔、重く暗い雰囲気。なにかあったのだと、嫌な予感しかなくて、TV画面に向かって「やめて!」と叫んだ。リアルに視界から色が失われていくような感じがして、世界はスローモーションだった。そこでスイッチを切ることも、チャンネルを切り替えることもできたけれど、同時にこれはちゃんと聞かないといけない、と思いました。でも、受けとめられなくて、あれから何度も、嘘だったのかもしれない、と思ったことか*1。生放送で観たあの1回っきりで、録画を見返すことも翌日のWSを観ることもできませんでした。

 

 なんで?どうして?

はじめは怒りだった。どこのだれにぶつけたらいいのかもわからない怒り。でも、悲しみや寂しさ、やるせなさ、そういう気持ちを怒りだと思っていただけだったんだ、って気づいたときに、君がいない世界が急にせまってきた*2。怒っているときは、怒りを言葉にしたり文句を言ったりしてエネルギーを使うことで誤魔化していたのに、本当のことに気づいちゃったから、自分の気持ちと向き合わないといけなくなった。

 

あのころ無敵だと思っていた6人の形も、度重なる変遷とともに、現在は4人に落ち着きました。 わたしはといえば、ほかに夢中になることができたり*5、ほかに心を奪われる存在ができたりして*6、その変遷を遠くから静かに見守っていました。結局一度も会うことはなく、ファンクラブに入ることもなく、ただ応援していただけでしたが、それでもやっぱり好きだった。わたしは亀梨担でした。と胸をはって言えるのかどうかわからないくらい、低燃費でお茶の間のお茶の間みたいなファンだったけれど。

ジャニーズとわたし - 素敵ばらまく君は

  度重なる変遷、だなんてひとことではまとめきれないほど、いろいろなことがありました。そのたびに新たなKAT-TUNと出会い、やっぱり好きになっていった。受け入れる時間は必要だったけれど、6人のときも、5人のときも、4人のときも、好きだったんだよ。いつでも、KAT-TUNとして素敵なパフォーマンスを魅せてくれたから*3

 

 

 思えば、たくさんの出会いと別れを繰り返してきました。ジャニヲタである以上、入所と退所は避けられない。とくにJr.くんはそう。好きな子が、いいなって思っていた子が突然いなくなって、風のうわさで辞めたらしいって知ることも、それがどうしてなのかいまだにわからないことも、数えきれないくらいありました*4。彼らはいつも永遠を歌ってくれるけれど、永遠なんてないんだって、早い段階で気づいてしまった。会えるときに会っておかないと、いつステージを去るのか、このメンバーがそろわなくなるのか、誰にもわからない。

 

 年々、現場主義が加速している気がします。あのとき、あの子に、あの子たちに、会えなかった…、っていう後悔はもうしたくない。いつでも会えると思ってたのに、なんてね、そんなわけないよね。この先になにがあるのかなんて気にしないで、君のいまをみていたい。カッコいいよ、かわいいね、キレイだなあ、素敵すぎる…、結論:大好きだよ♡ってデレデレしていたいな。

 

 

 嬉しかったり、楽しかったり、ときに苦しかったり、泣いちゃったりもするけれど、それでも好きだから、それもまるっといとおしくて、かけがえのないもので、、忘れたくない!って思える素敵な思い出が増えていくこともまた、忘れたくないから。だからわたしはジャニヲタをやめられないのかも…!

 

 

*1:朝起きたら、なかったことになってないかな?って。

*2:アイドル田口淳之介がいなくなるなんて…

*3:彼らの世界観が大好きです。

*4:そのたびに悲しかったなあ。みんな、元気にしてるかな?